サイトウ タツヤ   SAITO Tatuya
  斎藤 達哉
   所属   専修大学  国際コミュニケーション学部
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2015/09/01
形態種別 研究論文(学術雑誌)
査読 査読あり
標題 変体仮名のこれまでとこれから―情報交換のための標準化―
執筆形態 共著
掲載誌名 『情報管理』
掲載区分国内
出版社・発行元 科学技術振興機構
巻・号・頁 58(6),438-446頁
総ページ数 9
著者・共著者 高田智和(国立国語研究所)、矢田勉(大阪大学)、斎藤達哉(専修大学)
概要 変体仮名は平仮名の異体字であるが,現代の日常生活ではほとんど用いられていない。しかし,1947年以前には命名に使われ,戸籍など行政実務において変体仮名の文字コード標準化のニーズがある。一方,日本語文字・表記史や日本史学の学術用途においても,変体仮名をコンピューターで扱うニーズがある。そこで,活版印刷やデジタルフォントから集字し,学術情報交換用変体仮名セットを選定した。このセットには,変体仮名の機能的使い分けを表現するため,同字母異体も収録した。行政用途の変体仮名と合わせ,2015年10月にISO/IEC 10646規格への追加提案を予定している。