カワカミ タカシ   KAWAKAMI Takashi
  川上 隆志
   所属   専修大学  文学部
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2005/04
形態種別 未選択
標題 播磨・広峰神社の御師-民衆信仰と渡来系文化をめぐって-
執筆形態 単著
掲載誌名 日本文学研究会 『文学研究』
巻・号・頁 93,50-59頁
概要 姫路市の北方、広峰山の中腹に鎮座する広峰神社は、近代以前の日本文化史を考える上で興味深い特徴がある。次の二点を考察した。
第一に、中世から近世にかけて御師の組織をもっていた。御師は中・近世には民衆信仰を支える重要な組織であった。宗教的行為によって信仰を支えたのみならず、旅の情報から宿泊施設の確保、娯楽の提供など、前近代社会における一つのメディアとして機能していた。その姿を辿る。
第二に、播磨の渡来系文化の関わりである。播磨は渡来文化の一大拠点で、製塩から米作、皮革、タタラ、芸能などの様々な領域に及ぶ。その中心的な位置にある広峰神社と渡来系文化との関わりはどうだったのか。