シガ ミワコ   SHIGA Miwako
  志賀 美和子
   所属   専修大学  文学部
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2007/11
形態種別 研究論文(学術雑誌)
査読 査読あり
標題 労働争議における植民地政府の役割―1918~33年マドラス州の場合
執筆形態 単著
掲載誌名 日本貿易振興機構アジア経済研究所 『アジア経済』
巻・号・頁 48(11),2-25頁
概要 植民地支配者の行動が植民地化された者の意識や認識によって制約規定されることを例示する論文である。イギリス植民地政府は「公平な仲介者」を演じることによって自己正当化を図った。その結果、20世紀初頭の労働争議において、インド人労働者は、政府が労使を調停することを当然視した。民族主義者や共産主義者でさえ、政府の介入を義務とみなし、あるいは政府に期待する労働者の意向を無視できず、政府の調停を要求した。それゆえ政府は、労働運動に民族主義者や共産主義者が関与していても、徹底した弾圧策を採用できず、「公平な仲介者」像の維持のために、むしろイギリス人経営者に譲歩を求めざるを得なくなった。支配-被支配という二項対立では把握できない植民地支配の特質を明らかにした。