イマイ タカシ   IMAI Takashi
  今井 上
   所属   専修大学  文学部
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2008/06
形態種別 未選択
標題 源氏物語 表現の理路
執筆形態 単著
掲載誌名 笠間書院
巻・号・頁 1-361頁
総ページ数 361
概要 すでに汗牛充棟の注釈書、研究書を備え、研究の飽和状態さえ叫ばれる『源氏物語』であるが、現行の注釈書や従来の解釈に問題はないかと問い直し、注釈作業を練磨するなかから本文にそくした、より正確な理解を獲得することの意義と重要性を、全体を通じて論述する。第1章「作中人物と言葉」、第二章「作中和歌の領分」、第3章「物語世界の内と外」の三部にわかち、序論と結論を付す。厳密な注釈に基本を置いた表現解析、和歌表現の意義の解明、漢籍受容、歴史的背景の精査、遊離魂信仰をはじめとした思想・信仰とのかかわりなど、多様な角度から、『源氏物語』の達成を意義を明らかにする。全361頁。s