タカハシ ユウイチ   TAKAHASHI Yuichi
  高橋 雄一
   所属   専修大学  国際コミュニケーション学部
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2021/01/18
形態種別 研究論文
招待論文 招待あり
標題 「もの」「こと」を含む複合辞の広がり
執筆形態 単著
掲載誌名 東アジア国際言語研究
掲載区分国内
出版社・発行元 東アジア国際言語学会
巻・号・頁 (2),1-12頁
総ページ数 12
概要 本稿は、筆者のこれまでの研究に基づき、現代日本語に見られる、〈当為〉を表す「ものだ」「ことだ」のような複合辞と、そのもととなっている名詞「もの」「こと」の諸用法との繋がりを見るものである。特に、名詞「もの」「こと」が本来の名詞の用法から外れ、文法的な側面を強く持つ用法として、話し手の認識を表す文末表現に「もの」「こと」が前接する用法を取り上げ、先行研究を参照しながら、具体的な用例に基づいて「もの」「こと」それぞれの特徴を見た。